個人ではできないマンション売却|不動産に依頼する

女の人

中古を選ぶまでの流れ

集合住宅

リフォームも考えておく

杉並区で安くマイホームを持ちたい場合、中古マンションがあります。中古マンションは杉並区内でも好立地に沢山あります。そして一戸建てや新築分譲マンションよりも価格がお手頃です。手に入れやすい価格帯で売られている中古マンションが多いので、東京にマイホームを持ちたい人にピッタリです。中古マンションを選ぶ前に、資金計画を立てておきます。杉並区内の中古マンションの価格帯をネットでチェックすると、資金計画を立てるときに役立ちます。中古マンションはリフォーム工事が必要な場合が多いです。従って、リフォーム費用も計画の中に入れておくことが大切です。ネットでチェックして気になった杉並区の中古マンションは、出来るだけ沢山実物を見に行くことが大切です。不動産会社にアポを取れば、見学のために時間を取ってくれます。チェックポイントは、バスやキッチンなどの水回りや床、壁、外壁などです。よく見てリフォームが必要な部分はチェックしておくようにします。また、売り主にリフォームを済ませた部分を聞いておくことも大切です。いくつか見学をして目星がついたら、契約を結ぶために不動産会社と価格交渉に入ります。しかし、本格的に価格交渉に入る前に、もう一度見学に行ってみることをお勧めします。二回目の見学の目的は、リフォーム会社の担当者に工事費用の見積もりをしてもらうことです。そうすれば入居までどのくらいの費用がかかるのかはっきりします。